*仕事に対する想い*

開店当初から「自分にしか出せない当店だけの味」 「人が作っていないおいしいもの」を作り続けることにこだわってきました。 定番中の定番と言われるハム・ソーセージでも『どうすれば、もっとおいしくなるだろうか』と研究・改良を重ねています。 「前に食べたときよりおしくなった」と、お客様に言われるのが何よりのご褒美です。 

*マイスターの技*

季節によって肉の味が微妙に変わる為
季節を問わず同じ品質・味の商品を
お届けしたいという思いからソーセージを練る方法を発案しました。
徹底した温度管理と丁寧な作業工程を
行い肉の味と食感をいかすハム・ソーセージ作りをしています。
シュタットシンケン 緑山店
stadt@solid.ocn.ne.jp


開店から 12 年が経った 1999年。 ドイツで行なわれる食品加工品のコンテスト「SUFFA(ズーファ)」へのエントリーを決意しました。 自分の作ってきた味を本場ドイツに。
* SUFFA金賞受賞
ビアブルスト部門・ビアシンケン部門で計3つの金メダルを受賞。 大きな自信と一層の励みになりました。


国際コンクール受賞歴

*1997年 SLAVAKTO (スラバクト) / オランダ
金賞 : ビアブルスト 銀賞 : フランクフルター
*1998年 SLAVAKTO (スラバクト) / オランダ
金賞 : ロースハム 銀賞 : ベーコン
*1999年 SUFFA(ズーファ) / ドイツ
金賞 : ビアブルスト 銀賞 : パプリカリオナー
: ビアシンケン: コンビーフ
*2000年 SUFFA(ズーファ) / ドイツ
金賞 : 生ハム 銀賞 : ウィンナー: ドイツサラミ


 

SUFFAとは?
バイエルン州と並ぶ食肉加工の大生産地 バーデンヴュルテンベルグ州の食肉加工協会が主催となり毎年開催されるコンテストで、 主にマイスターを対象とした食肉加工品コンテストです。

ハム&ソーセージまめ知識
ソーセージの歴史
今から数千年前ヨーロッパには、すでに現代の腸詰めソーセージの原型と呼べるような食肉加工品があったなんて信じられますか?
ものの本によれば「腸詰め」に関する当時の記述が残されているのだそうです。
 ローマ時代になるとハムやソーセージはポピュラーな食べ物として定着。軍隊の携行食糧にもなっていました。
そして軍隊の遠征と共に、ヨーロッパ各地に普及したソーセージはドイツにおいて製造方法・品質・品種ともに改良され、大きく進化します。
農耕に適さない厳寒のドイツに暮らす人々が、冬場の飢えをしのぐためには保存がきくソーセージは大切な大切な食品だったのです。